51WORLD

地球のVRクローンを今までの半分の時間で作成可能に

51WORLD

51world_Logo

51WORLDについて

2015年2月に設立された51WORLD社は、デジタルツイン技術に特化した先進的企業で、VRを基にしたコンピュータグラフィックス技術と人工知能(AI)の統合による先進的なアプリケーションを開発しています。同社のビジョンは、51WORLDの安全でリアリティーのあるデジタルツイン技術を通じて、個人が現実の世界を体験できるようにすることです。

51WORLD社の製品には、以下のようなプラットフォームがあります。

  • 自動運転シミュレーション
  • スマートシティ・バーチャルオペレーション
  • 不動産のデジタルプロパティマネジメント
  • リアルタイム・クラウド・レンダリング

「我社の開発はWindowsプラットフォームに集中しており、Incredibuildはそれに適したソリューションです」

Shunji Wang

Head of SOP at Earth Clone Department, 51WORLD

Wang Shunji, Head of SOP at EC (Earth Clone) Department 51world

Shunji Wang, Head of SOP at EC (Earth Clone) Department 51world

課題

51World社のジオクローニング研究所では、スマートシティやスマートリアルティに力を入れています。EC(Earth Clone)部のSOP責任者であるShunji Wang氏によると、2018年以降、同チームは「Unreal Engine 4」の開発環境をベースにシナリオのデジタル修復を行っています。当時はUE4のコンパイル時間の長さが大きな課題で、手動でコードをプルすることに多大な時間が費やされていました。

開発の規模がより拡大し始めたため、Wang氏はコンパイル時間短縮の解決策を探し始めました。

 

Incredibuildの導入

Incredibuild導入前は、SSDを使わないスタンドアロンでのコンパイル時間は1時間を超えていました。Incredibuild導入のおかげで、ビルド時間を約30分に短縮することができました。

51WORLD社は、Incredibuildを試す前に他のソリューションも調査しましたが、C++のコンパイルとシェーダーコンパイルに対して高いパフォーマンスを求めていたため、強力なIncredibuildを採用することにしました。

現在、SOP(Standard Operating Procedures)チームと交通部門チームの30人以上の開発者がIncredibuildを使用して品質を最適化し、市場投入までの時間を短縮しています。

「Incredibuildの緻密な製品設計と、中国チームのプロフェッショナルなカスタマーケアサービスに感銘を受けました。さらに、過去2回のアップデートでは、バージョンの最適化が以前よりも改善し、作業が速くなりました。」

Shunji Wang

Head of SOP at Earth Clone Department, 51WORLD

Incredibuild時間

Incredibuild はUnreal Engine 4のビルド時間を大幅に短縮し、約20台、200CPUコアのマシン利用でビルドの速度は2倍になりました。

  • Build Time

    30 mins
    60 mins
With Incredibuild
Without Incredibuild