横河電機株式会社

10時間かかっていた夜間のフルビルドを昼間に行えるようになり、開発のアジャイル化に成功

Yokogawa-Video-Thumbnail

logo-Yokogawa

「導入で一番良かった点は、待ち時間や空いた時間で、更に新しいことにチャレンジできるようになったことです。」

藤原匠 氏

横河電機 IAシステム サービス事業本部

ソフトウェア開発を高速化
1915年創立の横河電機株式会社は、国内外100を超える拠点からグローバルにビジネスを展開しています。工場やプラントを制御するためのソフトウェアを開発しており、ビルドやパッケージをするインフラにIncrediBuildを導入しています。ヘルパーとして十数台のマシンを用意して、ビルドマシンやヘルパーマシンとして活用しています。

10時間のフルビルドが5時間に
システムソフトウェア技術部では、ソリューションライセンス「IncrediBuild for Visual Studio」「IncrediBuild for Make&Build」「IncrediBuild for Dev Tool」を利用して、数千万行にもおよぶソースコードのフルビルドを高速化しています。ビルドを開始してからメディアイメージが出来上がるまで10時間以上かかっていたのが、5時間程度で完了できるようになり、以前は夜間に実行していたビルドも昼間に実施できるようになりました。

「夜間にビルドを行うと、次の日の朝までエラーに気づけないので対応時間がかかっていました。日中にエラーが発生すると、すぐにエンジニアに問い合わせができます。時間が半分以下になったのも嬉しい点ですが、後工程の時間が予測しやすくなり、計画を立てやすくなったことも大きな成果です。」

「Incredibuildの導入で、フルビルドの時間が半分以下になったのも嬉しい点ですが、後工程の時間が予測しやすくなり、計画を立てやすくなったことも大きな成果です」

山口泰範 氏

横河電機 IAシステム サービス事業本部

様々な処理を高速化

同社では、Incredibuildを活用して、様々処理の高速化を行っており、数万ファイル一つ一つに電子署名をつけるタスクは1時間から10分になりました。

「IncrediBuildはビルドだけではなくて、並列で処理をすることができれば短時間になるタスクに最適だと思います。

式町明人 氏

横河電機 IAシステム サービス事業本部

エンジニアが開発に集中できる環境を
同社では、IncrediBuildをもっと多くの開発者の方々に導入いただく取り組みを進めています。IncrediBuild評価ライセンスを利用してPoCを行い、ビルドだけではなく様々な並列処理の高速化ができないか検証中です。ただ待ち時間を節約するだけではなく、空いた時間で新しいことにチャレンジしたり、学んだりできるような環境を整えることができ、開発現場の働き方改革に繋がるソリューションとして注目されています。

「弊社に来ていただいた開発者に対して、楽できる環境、自分の業務に集中できる環境を用意したいとインフラの視点からは考えていまして、その一環としてIncrediBuildをぜひ活用していきたいです。」

藤原匠 氏

横河電機 IAシステム サービス事業本部

Incredibuild時間

  • フルビルド

    5 hours
    10 hours
  • ファイルへの電子署名追加

    10 mins
    2 hours
With Incredibuild
Without Incredibuild